キャットフードを切らしてしまったときは・・・

キャットフードを切らしてしまったときは・・・

キャットフードを切らしてしまったときは・・・

 

猫を飼うならキャットフードを用意しないといけませんが、
たまにうっかりしてキャットフードを切らしてしまうことがあります。

 

忙しかったり、まだキャットフードの残りがあると勘違いしていたり・・・
悪気はなくてもキャットフードを切らしていて、さらにすぐに買いにも
行けないときがあります。

 

猫はお腹を空かせていますしいつもの時間にいつもの食事を
欲しがります。

 

水や猫用のミルクだけでは猫は眠ることもできないでしょう。
猫のおやつでもあればだいぶ違いますが、やっぱり食べ慣れている
キャットフードがないと猫のストレスは相当なものでしょう。

 

そんな時は人間が普段食べているものを少し工夫して猫用の食事を
作ってみるといいですよ。

 

猫はキャットフードしか食べられないわけではありません。

 

実際、お刺身が大好物の猫はたくさんいますよね。
お刺身は味付けがしていないですから猫に食べさせても安心です。

 

焼き魚も塩が振ってあったりバターなどで味付けしてあるとダメですが、
何も味付けしていない状態なら身の部分だけ猫に与えてみましょう。

 

結構贅沢な食事になりますよ〜。

 

猫も喜んで食べてくれるかもしれません。
肉も魚同様に味付けしないで焼き、細かくして与えることができます。

 

猫好きによる猫語り

 

猫好きの人にはたまらない猫カフェや、ねこが住民よりも沢山住みついている島が
テレビでお勧めの旅行先として紹介されるなど、最近猫好きのための情報が
沢山世の中に出回ってますよね。

 

それらに触発されて新たなる猫好きもどんどん増えていっているような(笑)
猫好きの一人として仲間が増えるのはすごくうれしいです。

 

やっぱり猫好きの人が猫のどんなところが好きか、という質問に答えるとしたら、
「何事にも縛られず、自由気ままに過ごしている」ように
見えるところでしょうか。

 

それでいて自然にでてくる愛らしさったらもう・・・!よく日の当たる自動車の
ボンネットの上でゆったり日光浴をしている姿はみなさんよく見かけると思います。

 

そしてその光景に思わず足をとめている人々の姿も私はよく見かけますよ(笑)

 

他の魅力といったら毛並みや姿の美しさをあげる人も多いですよね。

 

有名な写真家も被写体にしてますし、なでるだけで癒されますしね。

 

ちょっと前から普通の種類の猫よりも手足が短くて、犬で言うなら
ダックスフンドのような姿かたちの品種もよくテレビなどでもてはやされてます。

 

昔は猫と言ったらアメリカンショートヘアー、という感じだったのですが、
最近は美しいだけじゃなくて姿かたちからしてかわいらしさを求めている人も
多いような気がします。

 

でもどんなねこでも、やっぱりねこというだけでキュンキュンするこの感じ、
猫好きさんには共通ですよね(笑)

 

でも、犬も猫も本当にかわいいです!